2017年7月24日月曜日

フォルティノの3×5


ソフトパレード  牡5 芦毛 410kg  騎士
【血統】Cozzene×Danzig×Machiavellian×タッチミー
【能力】KSP90 - 5.0耐え
【その他】元気 遅普通 1000万、4/3入厩 一杯9本(気性84~91) 体質コメントなし <25固定目>
【パス】
ぎぱつせい うくだけい すしにいま るでここぜ ささあだよ ちごどれね かこゆせら (逃げ)

とねせいえ そひだすば によぜぬく でよしごぱ ねぶしかれ ゆしべがつ ばばらへへ (先行)

能力が低いほうの母馬(K68-3.75耐え)からこれだけスピスタのある馬が生まれるとは思っていなかった。
安定Bの意外性とフォルティノのインブリードが見事にハマったケース。
健康は3か4、BCでの塩の乗り加減を見ると4かな?
馬名はドアーズの4枚目のタイトルを拝借。初代牝馬タッチミーからの連想。


タッチミー 牝 68-52
 `--牝(Machiavellian) K50-2.75耐え [4固定目 普通遅、450kg、1100万]
   |--牝(Danzig) K68-3.75耐え [4固定目 早熟、422kg、1600万]
   | `--ソフトパレード(牡 芦毛 Cozzene) K90-5.0耐え
       `--牝(Danzig) K63-5.0耐え [6固定目 晩成、498kg、1400万]
 

2017年7月22日土曜日

非TSL牝馬で生産 その5

しばらく↓のよな配合をやっとりました。

・Cozzene×Danzig×Machiavellian×タッチミー [ニトロ18/15本 面白、フォルティノ3×5] 
牝馬2頭体勢で生産。どちらも非TSL牝馬(未出走)。

A :K68-3.75耐え(基準値 100-93)
父似
87
100
100
15
13
15
0
スピード
スタミナ
勝負根性
丈夫
体質弱
落着き
気性難
母似
83
99
100
19
13
10
0
(父似、母似ともに100頭ずつ生産。対象は牡馬のみ。)

B :K63-5.0耐え(基準値 100-98)
父似
85
100
100
16
10
21
0
スピード
スタミナ
勝負根性
丈夫
体質弱
落着き
気性難
母似
87
100
100
17
10
14
0
(父似、母似ともに100頭ずつ生産。対象は牡馬のみ。)

母馬の能力に違いはあれど、産駒のコメント数に差は見られず。

   A.K68-3.75耐えからの固定            B.K63-5.0耐えからの固定

△①普通早 444kg 元気 落着き 丈夫       ×①超早熟 454kg 元気 落着き 丈夫  
  1400万「ピ」K84-2.75耐え             1900万が2頭
×②普通早 414kg 元気 賢い 体質不明       ×②普通早 408kg 元気 賢い 丈夫 
  900万「ノ」奇4-4/4入厩              1100万「ク」80-3.75耐え
×③普通早 398kg 元気 落着き 丈夫       △③普通遅 422kg 大人しい 丈夫 
  1000万「ン」1耐え、「ロ」1耐え          900万「ヨ」奇1-6/3入厩、K86-2.25耐え 
○④普通遅 426kg  元気 賢い 丈夫        ×④普通早 402kg 元気 賢い 父似 体質不明
  900万「ト」奇3-6/2入厩、K88-3.75耐え       1000万3頭
×⑤普通遅 426kg 元気 賢い 丈夫        ×⑤普通遅 440kg 元気 落着き 丈夫
  900万、4頭。すべて70台。             1300万「シ」K78
×⑥超早熟 394kg 元気 落着き 体質不明        ×⑥牝馬 普通遅 408kg 元気 根性 賢い 丈夫
  1300万「セ」K75、「ザ」K82            800万「ハ」偶2-5/1入厩、K81

×⑦普通早 426kg 元気 落着き 丈夫        ×⑦早熟 416kg 元気 落着き 丈夫 
  1200万「タ」K79-2.5耐え              1300万5頭
×⑧普通早 392kg 元気 賢い 父似 体質不明    ×⑧普通早 432kg 元気 賢い 丈夫  
  1000万「メ」K76/84/92-0耐え            1200万5頭
×⑨晩成 432kg 元気 賢い 丈夫          ×⑨普通遅 424kg 元気 賢い 丈夫 
  800万「イ」8/3入厩                 900万「パ」5/2入厩、K79
◎⑩普通遅 410kg 元気 賢い 父似 体質不明    ×⑩超早熟 400kg 元気 落着き 丈夫 
  1000万「ホ」偶1-4/3入厩、K90            1400万2頭、ともに奇2
×⑪普通遅 388kg 元気 賢い 丈夫 父似 丈夫   ×⑪牝馬 早熟 410kg 元気 賢い 小柄
  700万5頭、すべて70台。               1200万「ブ」K76 
×⑫普通早 432kg 元気 落着き 父似 体質不明   ○⑫普通早 394kg 元気 落着き 体質不明
  1200万6頭。                     1000万「ナ」K88-3.75耐え

                           ×⑬早熟 428kg 元気 落着き 丈夫
                            1400万が3頭
                           ×⑭牝馬 普通遅 400kg 元気 賢い 母似 丈夫
                            700万「ヒ」奇4-6/1入厩、K79-3.75耐え
                           ×⑮早熟 422kg 大人しい 体質不明
                            1300万が4頭

スピードの乗りはどちらの牝馬の固定でもほぼ変わりなし。
スタミナのほうも、残念ながらどちらも良くない。インブリードの効果なんて微々たるもんですな。

2017年6月24日土曜日

行き当たりばったりのすえ

今回は母系の変遷の話から。

タイトスポット×ブルーコンチェルト
K37/45-3.25耐え(3固定目)、454kg、普通早、800万。

無理してブルーコンチェルト程度の低能力の牝馬を使う必要はないのだけれど、貧乏性ゆえに。
行き当たりばったりで配合するのは程ほどに。。



父ホリスキー。438kg、普通早、900万
K59/67-4.0耐え(1固定)

もともとはコチラが本命で。
ザーラージル締めをやってたんですが、手応えの悪さに敢えなく断念。
インブリ配合の手応えの悪さに気付けたのは怪我の功名か。




父ガダボート。472kg、超早熟、1100万
K43/51-4.25耐え(1固定)

ザーラージルをやる前にスペアとして作っておいて良かった。
まさかこちらが本線になるとは。
テュデナムキングかサクラロータリー、セントシーザー等で締める予定も、セントシーザーのTSLに届いてないという。(基準値80-77)
牝馬はもっとしっかり練りこまないといかんね。




・セントシーザー×ガダボート×タイトスポット×ブルーコンチェルト
 [面白、アウトブリード ニトロ:SP18/ST9]
父似
63
69
0
30
7
14
0
スピード
スタミナ
勝負根性
丈夫
体質弱
落着き
気性難
母似
66
77
14
27
5
16
0
(生産は牡馬のみ、父似・母似それぞれ100頭ずつ。)

ダウン系のSE効果はすごい、面白配合なのに父似産駒の勝負根性コメント率ゼロ。
当歳やんちゃコメントもゼロでした(母似の方では2頭確認)。
実績C種牡馬の非ニックス配合だとスピ、スタのつきかたはこんなもんじゃないでしょうかね。
TSL牝馬を使っても大差無いと思う。


セントドミニク 牡5 鹿毛 470kg 的庭

【血統】セントシーザー×ガダボート×タイトスポット×ブルーコンチェルト
【能力】KSP84-1.5耐え
【その他】元気 1400万 普通早 丈夫 根性 一杯5本(81~85) <11固定目>
【パス】
ふもちとへ ろあさぞく ぽふいすれ まぼるおつ いてれぺつ びゆれぬひ かべでそゆ (差し)

ぜほぬぐや あうばびぶ ぺふぱりめ いあぽらげ きにだみぎ ぽこげろぎ とやげてえ (追い込み)

まさかの配合限界キター!?→残念でした。
馬体重は重いけど、勝負根性もあるし丈夫でもある。
スタミナも配合と母馬を考えるとついたほうでしょう。実績CはK80超えられれば御の字です。

2017年5月7日日曜日

兄弟の誓い

エブロス産駒、2頭目です。

テンダーブラザー 牡5 黒鹿毛 418kg 村元
【血統】エブロス×メイワパッサー×Caerleon×イットウショウ
【能力】KSP83-2.25耐え
【その他】元気 800万 遅普通-5/1入厩OK 根性 小柄 気性:一杯12本 <20固定目>
【パス】
るらはまわ へたぼこち はごふです いがんにん ぎひけしつ にるるはぺ かややとぱ (先行)

テンダーメタルの全弟。
私的エブロス産駒最速(タイ)。
前のK83は根性なしで0.25耐えだったので最速更新と言ってしまおう。
サブパラは圧倒的に兄>弟だけど。

この配合は気分転換がてらにまたやると思います。
K85オーバーが生まれたら卒業かなー。


2017年3月12日日曜日

あっと驚く…

データを取りつつ、固定も拾いつつ。以下ギャロップダイナ10固定の結果です。

---------------------------------------------------------------------------------
 父ギャロップダイナ締め 母:未出走(母父Rainbow Quest) Nasrullah 5×5
 (○に数字は固定数。体重は初期ベスト体重。)

△ ①普通遅 426kg 気性難 丈夫  
        800万「ミ」K1-6/1入厩OK(KSP86-1.0耐え)

△ ②超晩成 412kg 元気 賢い 丈夫  
        300万「ギ」K4-12/2入厩OK(KSP87-2.0耐え)

× ③晩成 408kg 気性難 丈夫  
        500万「ペ」G4-8/2入厩OK(KSP84-0耐え) 

× ④超晩成 424kg 気性難 丈夫 
        300万「ガ」G2-12/1入厩OK(KSP81/89-0耐え)  
                 
× ⑤晩成 424kg 気性難 丈夫 
        600万「シ」G3-7/2入厩OK(ksp76)

× ⑥晩成 416kg 元気 賢い 丈夫
        500万「ン」KSP75

× ⑦超晩成 406kg 気性難 丈夫
        300万「デ」K4-11/2入厩OK(KSP79/87-3.75耐え)

× ⑧晩成 412kg 気性難 丈夫
        600万「ネ」G2-7/3入厩OK(ksp81/89-2.0耐え)

△ ⑨普通遅 422kg 気性難 丈夫  
         700万「エ」G1-6/2入厩OK(KSP83-2.75耐え)

◎ ⑩牝馬 早熟 426kg 元気 賢い 丈夫  
         1200万「ハ」K1(kSP86)-3.0耐え
            「ガ」G4(KSP75/83/91)-5.75耐え

---------------------------------------------------------------------------------
感触は、スピードアップのサイアーエフェクトが狙える実績Bのアウトブリード配合とほぼ同じといっていいと思う。
ノーパス配合のときに「インブリード効果と産駒のスピード爆発力に因果関係は無さそう」みたいなことを書いてしまったけど、今回の結果を見るとスピードアップ効果のインブリードの効き目はちゃんとありそうだ。
インブリード配合のパターンとして、生産効率を上げるなら底力アップのインブリードが良く、スピード爆発を狙うならスピードアップ(もしくはスピードダブルアップ)のインブリードが良いという事かな。
なーんだ見たまんまじゃん。

えーっと、最後にひとつだけ◎を打った10固定目、ヘンな馬がいたでしょう。
牝馬で5耐えオーバーとかなかなかお目にかかれないもんで、スピードが83でも育成しようと思ったんです。
で、仮育成してみたら、なんかおかしいですよねー走りが。

まさかのまさかです。


 ジャッキーブラウン  牝4 黒鹿毛 426kg 田茨
【能力】KSP91-5.75耐え
【血統】ギャロップダイナ×Rainbow Quest×タイトスポット×イットウショウ
【その他】元気 1200万 早熟 根性 一杯1本(気性78~81) 丈夫 <10固定目>
【パス】
みきんにす でけでるな だくよろせ のんそべふ やごちちて うでおらち うのきなら (逃げ)

もげうびぎ さぬべれぜ のぱばざめ ゆにだむぶ どゆだべい げどへいれ てりむぺふ (先行)

父実績Bの仔(しかも牝馬)でこのスピスタは驚異的。おまけにダートも上手ときた。
バランサーの存在って結局のところどうなの?わかんねーよ。
実績A種牡馬を含めても、今後コイツを超えるような馬が生産できるだろうか…

(私は、今後もダビスタ97で生産を続けていきます。細くながく…)

2017年3月3日金曜日

Girls Girls Girls

コステロ。
 
【馬名】ドリフトウッド 
【特徴】牝4 鹿毛 434kg 騎士 
【能力】KSP88-2.25耐え
【血統】Woodman×サンデーサイレンス×チェックポイント
【その他】元気 1900万 超早熟、根性 落着き 丈夫  
【パス】
ぱぱうべね ばぐがげよ るげでもぜ ごるなどぽ ぱがぼけま ぞわすざて まだでえん (先行)

自馬のサドラーズウェルズ産駒、マインドトリップの祖母。
サンデー×チェックポイント牝馬の能力はK59-3.75耐えでした

2頭目。
カーリアン×イットウショウの牝馬。自慢の一頭。
昔で言うところの「一生もの」の馬。これが2固定で引けてしまったのがなんとも。

3頭目。
リズンスター×カーリアン×イットウショウの牝馬。
まさかの対フォーントリックTSL。こいつも一生もの。